塾は必要?塾に行きたい子供と悩む母の思い

長男は来年中学校へ入学です。

この地域は中学受験があまり盛んではないので、9割が地元の公立中学校へ進学します。

それでも先を見据えて6年生から学習塾へ通う子は少なくありません。

また、中学へ行くとほとんどの子が何かしらの学習塾へ通うそうです

ですが、こんな予定じゃなかった毎月カツカツの我が家。

息子を高額な塾に通わす余裕はありません。

お金の問題はもちろんですが、

「塾に行かなければ希望校に行けないのかな」

「本当に必要なのかな」

と、考えてしまうのでした。

スポンサーリンク

塾に対する思い

現在も子どもの習い事も一つずつにしてます。

長男はサッカー
長女はピアノ

月謝もそれぞれ5000円くらいです。
二人で月10000円

それが中学へ行くことで習い事は終わりますが、他にかかることはもちろん出てくると思います。

それ以外に「塾」などに行かれたら、とても出費がかさみます。

本当なら

「塾に行きたいなら行かせてあげるからね」

それが親としてあるべき姿かも知れません。

ですが我が家は違いました。
「うちは塾に通わす余裕はないから、行きたい高校があるなら、自力で勉強してね。」
「あんたの集中力なら大丈夫」

ですがこのことが、思った以上に息子にとっては衝撃だったらしく、

「塾、行けないの?そこまでうちがカツカツだとは思わなかった!」

とだいぶショックだったようです。

当たり前のように塾へ通えるものだと思っていたと驚き、私は逆に行くつもりだったことに驚きました。

そうなると、不思議です。

何が何でも塾へ通いたい!!

そうなるんですね。

まずは公文へ通いたいという息子。

しかも算数と国語の2教科習いたいと。

いやいや、学校の勉強を家で復習することで十分だよ
と思うのですが、長男は勉強モードまっしぐらです。(今だけ?笑)

スポンサーリンク

塾は必要?

本当は塾に「行きたい」というなら行かせてあげたいです。

親ですもの。

勉強をもっとしたいという我が子の言葉を尊重したいです。

「勉強するな」と言っているわけではないんです。

でもきっと、

他に勉強方法があるんじゃないか
塾だけが全てじゃないんじゃないか


そんな
気持ちも少なからずあるんですね。

学校の勉強だけでは学力は伸びないのでしょうか。
息子は、「中学校の勉強で分からなくたって、塾に行けば大丈夫でしょ。」くらいな感覚でいるから困りものです。

なんて…私も呑気なことを言っていますが、この先、息子の「行きたい攻撃」に負けるか、我が子の成績にガックリするか。

いずれにしても塾代稼ぐためにパート枠飛び出して働くかも知れないなぁ

という未来図ももちろん想定しながら、今は塾行きたい攻撃を交わしています。

塾へ行く目的

本当に学力の向上のために塾で頑張っている子ももちろんいますが、

通うことに満足している子、
やる気がない子、
夜、友達同士で会えるのが楽しみな子、
勉強とは違う目的で通っている子

もいると聞きます。

実際、息子も友達から

「中学校になったら一緒に塾に行こう」

と誘われたこともあったそうです。

小学生のうちは遊び感覚の延長線なんていうこともあるかも知れないですね。

本人のやる気が一番大切

塾へ行っている中学生の割合は2017年現在で70%以上だそうです。

確かに私の知り合いのほとんどの中学生がなんらかの学習塾に通っています。

私の友人も中学3年間、娘さんを塾に通わせていましたが、年間の塾費用は30万以上かかったとか。

毎週の学習に加え、夏期講習、冬期講習などもあり、月謝以外にまとまった出費も何度かあったそうです。

「大変だったけどね~どうにかなるよ~」

と言われても、説得力ないわ~と私。。。泣

そんな娘さんは目標としていた高校に無事合格しましたが、友人は

塾の効果かと聞かれれば、それは分からない。行く行かずとも、本人のやる気だと思うよ。」

という、私が一番聞きたかったことを言ってくれました。

いずれにしても

息子にとって塾は本当に必要なのか。

今後、親としての一つの課題となりそうです。

スポンサーリンク