離乳食を食べないのはママのせいじゃない

離乳食が始まると、不安もありますが、育児の次の段階へ進めることに楽しみなママも多いのではないでしょうか。

私も2005年に長男を出産し、育児に奮闘していく中でついに訪れた生後5ヶ月からの離乳食期は、子育てへの階段をまた一つ上るような気持で嬉しく思っていました。

ですが、そんな期待とは違い、息子は離乳食をほとんど食べなかったのです。

たった二人の空間で、食べない息子を前に息が詰まりそうな時もありました。

そんな息子も現在12才。

少食に変わりはありませんが、当たり前のように3食ご飯は食べています。

どんなに離乳食が進まなかった子でも、いつか必ずご飯を食べる時はやってきます。

離乳食期を迎えて、食べない子供と向き合ってイライラしたり、辛い思いをしているママの気持ちが少しでも楽になってもらえたら…そう思っています。

スポンサーリンク

憂鬱になっていませんか?

離乳食を食べてくれないって本当に悩みますよね。

私の息子もまったく食べなかったので、お気持ちよく分かります。

離乳食を食べなかった息子の成長記録

一喜一憂しながら毎日たくさん頑張ってらっしゃるんだろうなと思います。

周りは「楽しみながら」と簡単に言いますけど、食べない子を前に、正直無理ですよね。

私も、それでも息子は元気だからと自分を励ましたり、毎日作り甲斐のないご飯を用意してはなんとも言えない気持ちで処分していました。

それでもとにかく毎日食卓に一緒に座って、食べずとも息子の食事を用意して・・の繰り返しでした。

そんな時間も空しく、結局息子は「離乳食」は食べたことはないに等しかったです。

食べないと悩んでいるあなたをガッカリさせてしまうかも知れませんが、
「食べない子は何をしたって食べない」
それが私の答えでした。

保健士さんや周りのママは色々アドバイスをしてくれましたが、どれもとっくに試したことばかりだし、効果があったものは何もなかったからです。

日々だけが過ぎていく・・でもそうして悩んでいるうちに息子は日々成長し、言葉のやりとりも増えて、何が好きなのかも知ることができ、本当に徐々に徐々に食べるようになり、成長していったという感じです。

それでも3才の頃までは怒りながら食事したり、息子は泣きながら食べたりと、決して順調とはいきませんでした。

でもそれは食べる子だって同じなんですね。

食べたらラッキーくらいの気持ちで、あまり気負いせずに離乳食を進めて欲しいなと、思います。

取り越し苦労していませんか?

食べないことで発育面に影響があると悩みますよね。

私もとても心配でしたが、あまり考えないようにしました。
本音を言えば、更に悩むのが辛くて、食べないことでの影響まで考えたくなかったのです。

あなたがもし今悩んでいるとしたら、それはお子さんときちんと向き合ってるからこその悩みですし、そのうえで、子供のために試行錯誤しながら進めていることだと思います。

例えばもし、食べないことで顎の発達が心配だとして、今後、その影響が出たとしても、その時に最善策を考えればいいし、今から取り越し苦労で自分を追い込んで暗くなって欲しくないです。

ちなみに息子ですが、4年生の時に顎を広げる矯正を始めました。
ですが、それが離乳食を食べなかったことが原因となると、それは分かりません。

なぜなら、離乳食が順調に進んでいた子供たちも、矯正している子はたくさんいるからです。

他にも心配なことはたくさんあると思います。

でも私は、あなたが先々を心配して悩み、暗くなってしまうことの方が心配です。

悩んでいたママたち

離乳食を食べなくて悩んでいるママさんはたくさんいます。
「無理して食べさせたって」
「やり方がいけないんじゃない?」
そんな言葉が聞こえてきますが、この悩みは食べてくれないママにしか分からない悩みです。
特に一人目育児のママさんや、頑張り屋のママさんは、自分を責めて、食べない、食べてくれない我が子を前に、もうどうしたらいいのか分からなくなってしまう…

育児本に書いてあるように、離乳食が順調に進まないと不安になってしまったり、他の子が食べていると、自分に「母として失格」を突きつけられている気持ちになります。

そんな先の見えない離乳食に悩んでいたママたちは結構多いんですね。

でもどんな子も、必ず食べる日がやってくるんです。

長男は離乳食より母乳が大好き。離乳食はきっと標準の(本などの量などを参考にすると)1/4くらいしか食べなかったです。味付けやタイミング、色々工夫しましたが無理でした。1歳過ぎに牛乳をあたえ始めて母乳を少し減らし、1歳2ヶ月で3日間時々大泣きしながらでしたが卒乳をさせた後、徐々に食事をとることが出来てきました。
現在6歳。牛乳大好き。やはり食は細いですが、好き嫌いもなく普通に食べています。

引用元:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0109/219767.htm

うちの娘は1歳過ぎるまで、離乳食を食べてくれませんでした。
というか、その頃には普通に白飯を食べるようになってしまって、
離乳食って何だったの?という感じでした。
多分、当時は色々悩んだと思うのですが、とりあえず元気で、いつもニコニコの子だったので、結局まあいいや、という感じで終わっていました。

引用元:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0109/219767.htm

あなたはダメなんかじゃない

離乳食を食べずに悩んでいるママはたくさんいると思います。

周りの子が順調に進んでいる姿を見ては落ち込み、食べて欲しいと願いを込めて作ったものを捨ては落ち込み、周囲の励ましさえも責められているように感じてしまうかも知れません。

私も、よく食べるの子ばかりに囲まれて、うちだけ食べなくて、共感してもらえず、自分を責めて、時には遠まわしに責められたりと、とても悩んで辛い時がありました。

もしかしたらあなたも、今そんな風に追い詰められているかも知れません。

なぜ食べてくれないのか

なにがいけないのか

ダメな母親なのではないか

そんな風に思ってしまうかも知れませんね。

でも誰のせいでもない…あなたは頑張ってる。

どうしたら食べてくれるだろう。
これなら食べてくれるかな
固すぎるのかな
味が薄いのかな
時間帯が悪いのかな

悩みすぎるほどに子供のことを思って頑張ってる。

素敵なママだと私は思います。

きっと大丈夫。

今お子さんは元気ですか?
機嫌はいいですか?
笑っていますか?
ミルクやおっぱいだけでも満足顔ですか?

子供の変化は一日中一緒にいるママにしか分からないですよね。

もし、機嫌も悪くなく、元気なら、大丈夫です。

大丈夫なんです。

目の前のお子さんが元気なことを喜んであげて欲しい…そう思います。

ただそれでも心配な時はかかりつけの先生に相談してみてくださいね。

お母さんが安心することがまずは一番なんですから。

食べることの興味や楽しさは、大きくなれば自然についていきます。

私の息子の様に、食べなかった子でも当たり前の様に食べるようになりましたから。

今は先が見えなくても、離乳食がずっと続くわけではありません。
オムツが取れない子がいないように、ご飯を食べずに生きてける子はいないのです。

大丈夫。きっと大丈夫。
お子さんが元気なら大丈夫ですよ。

スポンサーリンク