育児に自信が持てなくても…理想のママになれなくても…あなたがママでこの子は幸せ。

先日、大学生と高校生の娘がいる友人と
「子育て、辛かったよね」

そんな話になりました。

「なんで子供が小さい時ってあんなに辛かったんだろうね。」
「『あれができて、これができない』なんて子供同士を比べたり」
「今の方がずっと気持ちが楽だよね。」

ほんとに…
あの頃は先が見えなくて辛かったなぁ

と、しみじみ。

子供が幼い頃、旦那さんや友人、母親などに甘えることができても、育児ストレスを話せても、結局救われることもなく、被害妄想に取りつかれていました。

思い通りにならない育児は「自分だけ」「うちの子だけ」そう思い込み、誰にも理解されない(気がする)、そんな孤立感に押し潰それそうでした。

今なら冷静に振り返ることができますが、当時はこの世界に子供たちと私のたった3人で生きているような、そんな気持ちになったのものです。

でも知っていましたか?

誰しも一度は思い悩んだことがあるということを。

あなたも私も同じ母親だということを。

そして、世界一幸せなお母さんだということを…

今、まさに育児に思い悩んでいるあなたも、
「世界一幸せなお母さん」
なんです。

スポンサーリンク

他のママが輝いて見えることありませんか?

SNSに映るキラキラママを見て、『あんなママに育てられたら子供は幸せだろうな』なんて思ってしまう。

前向きなママを見て、ストレスだらけの自分と比べてしまう。

もし他の育児ママを見て、暗い気持ちになってしまうなら、そんな情報は知らない方がいいです。

もしも、幸せに見えるママを知って好影響を受けたり、あなたも幸せになれるなら、それは是非知って欲しい。

でも、知れば知るほど比べてしまったり、見るたびに落ち込んでしまうなら、知る必要なんてないんです。

目につかないように情報を遮断したっていい。

受け取らないという選択もありです。

私は育児に自信が持てない時期、

「子育てが楽しい」

そんなキラキラしているママが苦手でした。
自分はダメな母親だと突きつけられているようで、好きになれなかったのです。

妬んだこともあったし、僻むことだってありました。

「今」を変えたくて、育児本もたくさん読みました。
その時は参考にして頑張ろうと思っても、相手は意志のある子供。
本のようにうまくいかないことばかり。
自分を嫌いになりそうでした。

そんなとき私がしたことは…、「見ない」という選択でした。

LINEの「タイムライン」は、見たくない人の投稿は拒否しました。(笑)
相手には分かりませんからね。
自分を肯定できる、自分の都合の良い情報だけを見たっていいんです。
大切なのは、あなたが前向きになれることなんですから。

理想のママなんていらない

理想の子供を勝手に描いて。
理想のママになれず苦しんで。
理想とは違う現実に苛立ってしまう…

それでも私は、表面的には明るく育児を楽しんでいるママを振舞っていました。

なぜなら、「育児に悩んでいるママ」なんて思われたくなかったからです。

『その甲斐』あってか、
「育児してても、いつもニコニコしててさすがだね。」
そんな風に言われたこともありました。

ですが、この「育児を楽しんでると思われたい」という気持ちが、さらに自分を孤独にしていったように思います。

「楽しんでる」人を見て落ち込むのに、「楽しんでる」振りをする矛盾。

結局、「我が子を可愛いと感じ、育児を楽しんでる人」
そんな人になりたかったんですね。
これが私の理想だったんです。

ただ、私が育児中、たくさんのママに出会って感じたのは、

キラキラ幸せに見えるママも、
穏やかに子育てしているママも、
家族円満に見えるママも、

あなたには「そう見えない」だけで、何かしら育児に思い悩んだ日々があったということです。
どんな母親だって答えのない育児に、不安で心配で…一度は悩んだことがある、みんな同じ母親なのです

あなたにも理想がありますか?

理想を抱くことは決してマイナスなことではありません。

でもね。無理して「誰か」のようにならなくたっていいんですよ。

あなたに抱きしめられて安心する子が目の前にいる。

そんなあなたはあなたのままで十分素敵なママなんです。

あなたがママで、この子は幸せ

もしあの頃の私のように、育児に行き詰まり鬱々とあなたがしていたら。

その気持ちが苦しくてここに辿り着いたなら。

あなたに伝えたいことがあります。

子育ては思い通りにいかないかも知れない
理想の子育てができないかも知れない
いい子に思えないかも知れない
それは自分のせいだと責めてしまうかもしれない。

でも…
あなたに育てられたからこんなにいい子になった
あなたが育ててきたから、
昨日出来なかったことが今日は出来るようになった…
あんなこともできる
こんなこともできる
とってもいい子に育ってる

あなたは、世界一幸せなお母さんなんです。
そんなあなたのもとに生まれて
あなたのお子さんは幸せです。
あなたがママで世界一幸せなんです。

そう伝えたいのです。

最後に

一男一女を育てながら、悩み、乗り越えた私の経験が、今、子育てを辛いと感じるママの気持ちを、少しでも楽にできるお手伝いができたら…

そんな思いからこの記事を書きました。

子供を愛せないとさえ思った私にも訪れたこの未来。
きっと、あなたにもこの未来がくる。

「『世界一幸せ…』そんなわけないじゃん」

そう思うかもしれない。

でも、いつかきっと…そう思える日が訪れてほしい。

だから今、あなたに伝えたいのです…

あなたも私も、世界一幸せなお母さんなんだということを。

そして、あなたに育てられている「この子」も世界一幸せだということを。

スポンサーリンク