子供を紫外線から守るラッシュガード 小学生のサイズやおすすめタイプの選び方

プールの季節がやってきましたね。
この地域の学校は、夏休みもプール教室が定期的にあります。
暑い中、プールに入れるので子どもたちは楽しみにしていますが、先日、息子がプールから帰ってくると「背中が痛い」と渋い顔をしていました。

見てみると、日焼けをして背中が真っ赤になっていたのです。

日頃、ラッシュガードを着るようにすすめているのですが、
「誰も着ていないし、ラッシュガードの色も派手だから目立って嫌だよ」

そう言って、なかなか着ようとしてくれません。

ですが、このラッシュガード、着ると着ないとでは、肌の刺激に大きな違いがあるのです。

紫外線は皮膚を傷めます。
また日焼けしすぎると火傷のような痛みを伴います。
そうならないためにも、学校から子どもたちに積極的に勧めていただきたいなと母として思っています。

学校で着用することができなくても、せめて普段の水遊びでは着用させたいですよね。

これからラッシュガードを選ぶ前に、おすすめのタイプや我が家が選んだサイズなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

日焼けをすると疲れる?

家族でプールや海に行く時は必ず着るようにしていますが、周りを見ても、子ども大人問わず、着用率は高いと思います。

私の若いころはラッシュガードの存在さえ知らず、日焼け対策は日焼け止めクリームを塗るか、上からTシャツを着るか…でした。

それでも日焼けしてしまい、ひどい時は肌の表面温度が高くなり、体がとても疲れ、痛くて服を着るのにも一苦労なんていうこともありました。

今ではラッシュガードを着ることで、日焼け止めを塗る手間も省け、日差しから肌を守り、こんなにありがたいアイテムはないなぁと実感しています。

小さい子供だって同じです。

日焼けをすることで免疫力も下がり、熱を出す子供もいるそうです。

長時間、日差しを浴びることが想定されるのであれば、ラッシュガードで体を守ることは日焼け止めを塗るより手軽で子どもにはおすすめかも知れません。

スポンサーリンク

ラッシュガードのおすすめタイプ

前開きタイプ

子どもが小さいころ、ファスナーの取り扱いが不慣れだったり、ファスナー部分が体に当たることを嫌がったため、最初に購入したラッシュガードはかぶるタイプでしたが、伸びる素材ではないので、脱着が割と不便でした。

一度濡れた状態で脱ぐと、着るときになかなか袖を通らず嫌がったりもしました。
小学生にもなると自分でファスナーの開け閉めが出来るので、二着目はファスナー付きの前開きタイプにしました。

簡単に脱ぎ着でき楽チンですよ。

長袖タイプ

長男が未満児の頃、半袖タイプのラッシュガードを着せていましたが、背中や肩は日差しから守れても、腕は無防備なので、結局真っ赤になってしまいました。

日焼け防止はもちろんですが、海や川へ行ったときのケガ防止にもなるので長袖タイプを購入がおすすめです。

フードはあり?なし?

帽子代わりになるフードですが、実際に被っている子どもを見たことはないように思います。
逆にフード部分が何かに引っかかってしまったり、水が溜まってしまったりと、危険なことも想定されるので、我が家はフードなしタイプを選びました。

ですが、フードは日焼け止めになるので、水遊びが苦手で外にいる時間が長めなお子さんにはフードタイプの方が良いかもしれませんね。

ラッシュガードの価格は?

ただでさえプールセットを揃えることに費用が掛かるのに、さらにラッシュガードもとなると、負担に思われることもあるかと思います。

またシーズンもので、たまにしか着用しないのに、サイズアップする子どもには無駄なのかも…と悩みますよね。

以前は子供用のラッシュガードは品数も少なく、値段も安くても3000円近くしましたが、最近では楽天などを見ても手ごろなものが多く、種類も豊富で2000円以内で買えるラッシュガードも多く見られます。

ぜひご覧になってみてくださいね。

大きめのサイズを買うべき?

我が家の場合、大きめのサイズにしたことで、幼稚園の頃から小学高学年時点で買い替えは一度だけです。

細身の息子は、年長/120cm・5年生/150cm
ぽっちゃりな娘は、年小/110cm・3年生/150cm

ただ一つ、大きめなので、袖部分が長くなってしまい、折って着ることになることもあるので、気になるようなら、サイズ表記をよく見てから購入を検討してみてくださいね。

ラッシュガードまとめ

紫外線の量は昔とは比べ物にならないくらい増えたそうです。

そこで紫外線対策が着るだけで出来るラッシュガード。

海・プール・川遊びなど、水遊びの夏の日差しからお子さんの肌を守るためにも、ラッシュガードの着用をおすすめします!!

スポンサーリンク