まだ間に合う!大人の箸矯正なら【三点支持箸】が絶対おすすめ

箸の持ち方を直したいけど躊躇しているあなた…

大人になってから箸の持ち方を直すことを諦めていませんか?

ご飯を食べられないわけじゃないし、不自由していないし、別にこのままでもいっか…そう思っていませんか?

その気持ち、よーく分かります!

なぜなら私もその一人でしたから。

面倒くさいし、不自由してないし、直す必要なくない?なんて30数年、本気で思っていました。

でも三点支持箸という矯正箸に出会い、一念発起して持ち方を直すことにチャレンジし、結果、成功することができたのです!

しかも、1ヶ月ほどの使用で以前の癖を直すことが出来ました。

大丈夫です。

この三点支持箸なら、指示通り使うことで、自然と持ち方を矯正することが出来ますよ。

スポンサーリンク

大人矯正箸【三点支持箸】

箸の持ち方を直そうと決意しても、今までの箸だと、どうしてもいつもの癖が出てしまいがちですよね。
私も上手く掴めないことでイライラし、だんだん面倒になり、何度挫折したか分かりません。

もう、この年まで(当時30代前半)きてしまったから、矯正はあきらめよう…
そう思いましたが、子供にしつけ箸があるなら、大人にもあるかも?
と調べてみると、【三点支持箸】という大人の矯正箸に辿り着いたのです。

価格も手ごろなこともあり、自分の分と近い未来使うだろう子供の分の3膳を、迷わず注文しました。

三点支持箸の使い方

出典元:https://item.rakuten.co.jp/

この箸には、人差し指と薬指で持つ(上)箸に、三か所に「・」「・・」「・・・」と指で支える窪みに点があり、支える(下)箸にも三か所に窪みがあるので持ち方に迷うことはありません。

最初は窪みに指を添えることができず、指や箸がずれてしまったりと難しかったのですが、「正しい位置」はこの箸が教えてくれました。

スポンサーリンク

矯正箸を使うメリット

矯正箸を使用することで私が感じたメリットは以下の3点です。

  • 正しい位置を知る
  • 無理なく矯正できる
  • 箸の窪みにマッチしない持ち方だと使いづらく、必然的に正位置になる

箸を正しく持つ人には簡単なことに思えるかも知れませんが、今まで間違った持ち方をしてきた人からすると、そもそも正しい持ち方が分からないので、「正しい位置に戻す」ということが難しいのですね。

私の場合、普段使っている箸で矯正にチャレンジしたこともありましたが、気が付くと楽な持ち方になっていたり、お手本の主人がいないと、正しい持ち方が分からなくなってしまうという有様でした。

その点この箸なら、持ち方がずれてしまっても、すぐに正しい位置に戻すことができるので心強いですね。

箸の最適サイズとは

一般的な箸のサイズは

  • 男性23~25cm
  • 女性21~23cm
  • 子供16~20cm
  • 幼児13~15cm

と言われています。

三点支持箸なら

【右手】23.5cm/23cm/20.5cm/18cm/16.5cm/15cm/14cm

【左手】23.5cm/20.5cm/18cm/16.5cm

と幅広く用意されているサイズから選ぶことができます。(大人用)

私は23cmを注文しました。

20.5cmの箸も注文しましたが、試しに持ってみると、私の手には少し小さめでしたので、やはり23cmがピッタリだったようです。

ちなみに私の手のサイズは、

手首から薬指付け根まで(掌)が10.5cm
薬指までの全体が18cm

です。

もしサイズ感が気になる場合は、今使用している箸の中で、一番シックリくる箸の長さを計ってみると良いですね。

まだ間に合う大人の矯正

私は箸の持ち方が間違っているということに気が付いたのは、10代の後半でした。

正直、直すつもりなど1mmもありませんでした。

ですが、主人に出会い、箸の持ち方を指摘されても

別に関係ないさ~

と意に介さなかったのですが、いざ子供に教える立場になったとき、正しい持ち方を知らないことで、なんと、教えることが出来なかったのです。

これには自分でも驚きました。

持ち方さえ知っていれば、たとえ自分が持てなくても教えることは簡単だと思っていたからです。

この際、箸の持ち方は主人に任せようかと思いましたが、一緒にいる時間が多いのは母である私…

ならばこれを機に、思い切って私も矯正にチャレンジしようと決めました。

始まりこそイライラもしましたし、三点支持箸以外を使用すると、元に戻ってしまったりと繰り返しましたが、1ヶ月もすると自然と窪みに沿って指を添えられるようになりました。

そのうち、他の箸でも、割り箸でも、どんな箸でも、持ち方を間違うことなく使うことが出来るようになったのです。

そうです。

30数年の持ち方の癖が完全に直ったのです!!!

今では以前の私がどんな持ち方だったのかも思い出せません。

大人になってからの方が直しやすい?

我が家の娘は、この三点支持箸の子供用を買い、正しく持てるようになったと安心したのもつかの間、気にして見てみると微妙に持ち方にズレが見られるのです。

言葉かけをして意識こそさせますが、食べることに夢中になるとあっという間に持ちやすい持ち方になってしまうのですね。

もしかすると、中学生、高校生の物事の良し悪しが把握できようになってからでも、正しく持つことでキレイな食べ方になること、正しい持ち方をする方が印象もよいことを知り、持ち方を意識することで、幼い頃より意外と早く矯正できるかも知れないと思いました。

とはいえ、子供の頃から正しい箸の持ち方が出来ることはもちろん理想ですけどね。

それでも大人になってからの方が意識して直しやすいのかも知れないな…と私の経験も踏まえて感じたのです。

大人の矯正まとめ

私は箸の矯正は30代でのチャレンジでしたが、今では思い切って直して良かったと心から思っています。

また、直してみると、間違った持ち方をしている人をあえて探しているわけではないのですが、どこか違和感を持って見てしまうことも多くありました。

こうしてみると、矯正前の私も、いちいち指摘されることはなくても、
「あっ、箸の持ち方間違ってるな」
と思われていたんだろうな…と想像すると、矯正前の開き直っていた私には考えられないほど、恥ずかしくなるのです。

箸の持ち方一つで、家庭の躾まで疑われるというのはよくある話。

日本人のみならず、箸は外国でも多く使われています。

正しい持ち方で使うに越したことはありません。

ちなみに、私は矯正箸を購入してから8年経った今も自宅で愛用しています。

毎日使用しても、くたびれることなく使えますよ^^

大人の矯正は今からでも間に合います!

値段もお手頃なので、諦める前にぜひ試して欲しいと思います。

三点支持箸、大人になったからこそ直したいと思っているあなたに是非使って欲しいと思います。

また、お子さんに箸の持ち方を教えるタイミングで一緒に箸の持ち方を直したいなら、矯正箸いかがですか?おすすめです^^

子供が自分でご飯を食べられるようになってから、フォークやスプーンを使って食べていました。 あるとき、友人と子供を連れて公園ラン...

スポンサーリンク