ちょっと待って!3DSの故障?その原因はバッテリーの膨張かもしれません!

小学生になると多くのお子さんが持ち始める「任天堂DS」

我が家の息子は小学1年生の時、お年玉やお小遣いを貯め、念願の3DSのブルーを購入しました。

あれから5年…

ついに故障か?と思われる事態が訪れ、仕方なく3DSLLへと買い替えをした後、なんと、これはバッテリーの交換で修復可能ということが分かったのです。

もしあなたのお使いのDSが故障かな?と思って買い替えを検討していたとしたら、ちょっと待った!!

3DSに疎い私が、お伝えするので分かりにくい点もあるかと思いますが、我が家のような事例もあるので確認してみて!という思いを込めてお知らせしますね^^

スポンサーリンク

故障かな?と勘違いした症状

もし、このような症状が出たら、買い替えの前にバッテリーの確認をしてみてください。

  • DSのコントロールボタンを押しても反応が鈍い
  • 充電をした状態でないと立ち上がらない
  • 音が変
  • すぐフリーズする

我が家はてっきり寿命だと思い込んでいました。

普段はネット検索して修復の方法を試みる私も、さすがに5年間、かなり使用していたこともあり、「故障」の二文字しか浮かばなかったのです。

いよいよフリーズ頻度が多くなり、(私にはよく分かりませんが…)データが保存できずに飛んでしまうとかなんとか…

じゃー、3DSLL買っちゃう~!!!?

とはいえ、この年末に2万円はかなりの痛手でしたが、3DSLLに買い替え、息子の喜ぶ顔を見ると、「まーいっか~」と気持ちも上向き(単純。笑)

自宅に帰り、さっそく旧DSから新DSへデータの移動をするために、後ろをドライバーを使って外すと、開けてビックリ!

中から出てきたバッテリーが膨張していたのです!!

スポンサーリンク

膨張するバッテリー

新しいDSに入っていたバッテリー比べるとその差も歴然!

(左・新バッテリー、右・旧バッテリー)

この差、すごくないですかー???

これはもうバッテリーの寿命です。
このまま使用すると爆発してカバーも破損する可能性があるそうです。

どうやら、このバッテリーが3DSを内側から押し上げ、それによって出来た空間によって、接触が不十分となり、あらゆる部分の不具合が起きていたのではないか…という見解に至ったのでした。

※我が家の場合は、簡単に工具でカバーを開けることが出来ましたが、バッテリーの膨張が酷いとカバーを開けることも困難になる場合もあるので、メーカー等に処置を任せることをおすすめします。

互換バッテリーを購入

さっそく互換バッテリーを注文することにしました。

任天堂の公式サイト「任天堂パーツ販売」で純正バッテリーも販売していますが、我が家の場合、使用後すでに5年以上経過しているので、互換バッテリーを買うことにしました。

互換バッテリーでも大抵の場合は問題が生じず使用できますが、不良品や粗悪品に当たりDS本体が故障した場合、純正バッテリーを使用していないと、例え無償保証期間内でも有償修理となる場合があります。

バッテリーの交換で復活

バッテリー到着後、早々に旧DSに設置し、十分に充電してから起動すると、なんということでしょう~!
全ての不具合が解消でき、問題なく使用することができたのです!

なんとそれは、3DSLLを購入して2日後の事でした。泣

いつの頃からか、充電をつなげた状態でないと使用できなかった3DSも、今では持ち運び自由自在!

ボタン不良も改善し、バッテリー交換後2週間経ちますが、今のところ何のトラブルもありません。

「古い=寿命(故障する)」という思い込みから、今回の「買い替え」という選択に至りましたが、寿命はバッテリーだけで交換だけで改善するなんて驚きでした。

最後に

結局、この3DSは娘に譲り、3DSLLは息子が晴れて使うことになりました。
キレイなDSではなくても、自分のDSを持てたことで娘は大喜び。

3DSLLを買ったことに多少の後悔はありましたが、息子も娘も満足したと言うことで良しとしました。

それでも!!

故障かな?と早とちりして新しいDSを購入する前に、(我が家だけ??笑)一度ぜひバッテリーを見てください!

もしかしたら、そのバッテリー、膨張しているかもしれません。

ぜひぜひご確認を~!!!

スポンサーリンク