子供が腕を骨折した お風呂に入るときはどうする?

まさか子供が骨折するなんて思ってもみませんでした。

先日娘が転び、手で体を支えたところ、体制が悪く右手首を骨折してしまいました。泣

腫れはありませんでしたが、「痛い痛い」とあまりに泣くので整形外科に行くことにしました。

「お母さん、ここ、よーく見なきゃ分からないですが、骨折しています。
この細い骨が折れてますよ。」

えーーーーー!!!!

捻挫かな、、くらいに思っていましたが、まさかの骨折にビックリしました。

その場でギプス固定をしました。
夏休み真っただ中にプールも水遊びもできず、さぞ悲しんでいるかと思いきや、何気にラッキーと言わんばかりの運動嫌いな娘です。

ただ一つ、この真夏に避けては通れない水があります

それはシャワーです。

一日入らないことはありえないほど、子供は汗っかきです

さて、どうしたものかと思考錯誤してみました。

スポンサーリンク

ビニール袋を使う

そこで大きめの、肘近くまで隠れる大きさのビニール袋に腕を入れ、取っ手部分を腕に一周させ結び、さらに輪ゴムで入り口を縛りました

その後、一人では洗えない娘をシャワーに行かせ、久しぶりに娘を洗ってあげました。

一人暮らしの人は大変だよね~

なんて話をしながら、シャワーを終了し、ビニールを取ってみると、なぜか、手先だけは濡れていました。

スポンサーリンク

ガーゼを巻いてからビニール袋

翌日、大きめのガーゼを手先から腕全体に巻きました。
その上からビニール袋で覆い、輪ゴムを二重にして縛りました。

すると、ガーゼの一部は濡れていましたが、ギプスはどこも濡れていませんでした

よって、我が家の検証の結果、

ギプス部分にタオルor布を巻いてからビニール袋で覆う

という方法を採用することにしました。

万が一濡れてしまっても、布で覆われているので、守ってくれる可能性大ですからね。

実際入ってみると、ビニールだけの時よりも保護されていて、輪ゴムの部分が少し湿ることはありましたが、ほとんど濡れることはありませんでした!

赤ちゃんの時にいただいた大きいガーゼ、捨てずに取っておいて良かったと思う母なのでした。

もし、こんな事態が起こってしまったときは、ぜひガーゼ&ビニール袋、お試しくださいませ。

スポンサーリンク