親子遠足ボッチかも?ママ友いない不安と憂鬱は子供が救ってくれる!?

こんにちは。ななです。

かれこれ9年前、友達と遊ぶことが大好きな、元気いっぱい(一見大人しい(^^;)
我が家の長男が待ちに待った入園をしました。

園生活も順調にスタートし、安心したのもつかの間、5月には親子遠足がやって…くる~!!!泣

園からの説明を聞けば聞くほど不安になっていく私…

なぜなら…私にはこの園に「ママ友」も「知り合い」も、いないんですもの(>-<)

そんな本気で不安で憂鬱だった(見た目はいかにも平気顔)私が、息子と「親子遠足」に行き、憂鬱を克服し、無事に帰宅した体験談で…ある。

スポンサーリンク

親子遠足はなにが憂鬱なのか…

上の子の園生活もスタートし、一段落したころ、やってきたのが親子遠足。

場所は動物園。

私の一番の心配は…お昼ご飯。

園から説明を受ける限り、動物園に着いたら自由行動、お弁当は個々で食べるらしい。

そっそんなぁ…
まだ年少さん。せめてクラスで行動したかったよ…

「子供が楽しむ遠足」

頭では分かっていたはずなのに、私に知り合いがいないことで、母と二人ランチで淋しい思いをさせるかもしれない。

息子は楽しめるんだろうか…

知り合いが一人もいない私は、ママとして残念な感じに映るだろうか…

どうしても不安がぬぐえない(>-<)

そんな私の不安が伝わったのか、何やら心配している主人。

どっちが子供なんだか…

そう自分で思いながら、それでもやっぱり不安(;’∀’)

独身時代には経験したことないこの気持ち…

どうして「息子と私と一緒に食べてくれる人がいなかったらどうしよう」なんて考えちゃうんだろう。

こんなに不安でも、遠足前にほとんど話したことないママたちに「一緒に食べてくれますか?」なんて約束するのもアホらしくてできない。

でももしかしたら、思いがけず、すんごいグループでランチできるかもしれないし、「一緒にどうですか?」なんて誘われるかもしれない…!(と、せめて超前向きに考えてみた。笑)

そんなとき、息子がお友達に配れるように、小分けにしたおやつを用意していかないとっ!(友人からリサーチ済(;’∀’))

意気込んで買い物に行き、準備だけは超万端!!!

そんなこんなで当日の朝を迎え、

いざっ出陣!!!

初めての親子遠足は不安だらけ?

天気は晴天!二人には多すぎるお弁当とおやつをリュックいっぱいに詰めて、楽しい親子遠足に出発♪

のはずなのに、バスの中も現地に付いてからのことが頭いっぱいで落ち着かない。

なんと情けない母かっっ。。。

高速インターでトイレタイムになると、ちょうど主人から電話が入る。

私、平常を装っていたものの、顔にはしっかり「ふ・あ・ん」と書いてあったようで、普段は動じない主人も気になって電話をくれたらしい。

「大丈夫か?」

「オー主人よ!なんのなんのっ!!」

主人のその電話のお陰で、少しだけ気持ちに余裕が出来た。

「yes!大丈夫さっ~!!!」

とはいったものの、動物園に着き、現地で「解散コール」を聞いた瞬間、息子とポツン…

どうしよう…

でもね。。

息子は違ったのです!

初めての遠足を楽しんだ息子

最初こそ周りをキョロキョロ見て、大人しかった息子も、動物が見えてくると、

「お母さん、あっちいこ!」

そういって、見たい動物めがけて、小さい体いっぱいに動かして走っていきます。

私はボッチなんかじゃない…
息子がいるじゃん

「あっちいこ!こっちいこ!」

素早い息子を追いかけて動物園を回っているうちに、行く先々で会う同じクラスのA君とママ。

何度も顔を合わせているうちに、いつのまにか自然と同じルートを巡るようになり、そのうち子供同士で

「あっちいこ!こっちいこ!」

が始まりました。

「子供って元気だよね~」なんてA君ママと話しながら、一緒に「待って待って!」とついていくうちに、気が付くと、あっというまにお昼の時間だったのです!!

あんなに心配していたお昼ご飯だったけど

「一緒に食べましょう~」なんて言わずとも、お互い自然とシートを広げ、めでたくお弁当タイムとなりました。

こんな形でお友達とお弁当を食べられるなんて…
A君と一緒で息子もとっても嬉しそう(^_-)

「小分けにしたおやつ」もめでたく登場です!

日の目を浴びてよかった…(*^^)v

A君ママと私の会話は最初はぎこちなかったけれど、楽しそうな子供たちのお陰でこちらも笑顔になり、あんなに不安だったランチもどうにか無事に終えることができたのです。

その後も、息子の「楽しむまま」に動いていたら、結局A君とママとは離れてしまったけれど、息子と遊具で遊んだり、バッタリ会ったクラスの友達と写真を撮ったり、息子のペースで一緒に歩け、楽しい遠足になりました♪

途中お土産を選んでいると、同じクラスの元気印K君とママがやってきて

「もうKに付き合っていたらヘトヘトだよぉ。泣 追いかけるのが大変で!」

とお疲れ顔^^

K君には卒園したお兄ちゃんがいるから、K君ママは知り合いが多い感じだったけど、子供のペースに合わせて、親子で回っていたK君ママを見て、それまで「息子とぼっちかも」と考えていた自分が少し恥ずかしくなりました。

そういえば、「親子遠足」と聞いた時、普段下の娘がいて、息子には我慢させてばかりだから、親子二人で目一杯楽しもう

息子が楽しめればいい
息子と楽しめればいい

そう最初に思ったことを思い出したのです。

スポンサーリンク

親子遠足がどうしても心配なときは

子供が
「友達(仲良しの子)と回りたい!」
からの
「じゃぁ一緒に^^」

というケースもありますし、

子供の仲良しな子を知っているママが、その親子に思い切って「一緒にどうですか?」と声を掛けて一緒に回るケースもあるようですよ♪

(私は出来ませんでしたが(^^;)

そんなとき、「何を話そう」と困らないように、少しだけでも「こんなこと話そう!こんなこと聞こう!」なんて事前にネタ準備をしておくと困らないかも知れません。

おやつ交換も子供たちの距離が縮まったり、お礼のやり取りからママ同士がグッと近くなることもあるので、小分けのおやつは持っていくとよいですよ!

個装されたものや、細かいお菓子を可愛い袋に入れてまとめたものなんかも子供は喜びます。

意外に楽しい親子ぼっちランチ

ちなみに、下の娘の親子遠足では、多少グループ行動チームが気にはなりましたが、さすが二人目、あの時の不安はどこへやら。

お昼は堂々と二人で食べました♪

午前中の楽しかったことなんかを話したり、午後はどこへ行きたいか~なんてパンフレットを見たりして…

周りの親子ランチ事情は多少気にはなりましたが、娘に目を向けたことで、あんなに心配だった息子の時が嘘みたいに、楽しいランチとなりました^^

お子さんに任せよう♪

親子遠足ときくと、

「お弁当食べる時や、一緒に回ってくれる人がいなかったら淋しいかな?子供はつまらないかな?」

そんな不安に思うこと、ママだってあります。

我が子を目の前にして、たまらなく淋しさを感じてしまうかも知れません。

私もそうでした。

でも過ぎてみればそんな親子遠足も、当時の不安も、今では良き思い出です。

「いつかいい思い出になったとしても、今が不安なの!!」

分かります。
そうですよね。。

でもね。
あなたがもし「親子遠足」で「ボッチかも」と不安が募り、心配になったら、お子さんに任せてみてください!

もし

「友達と一緒に歩きたい!」
「お弁当食べたい!」

とせがんできたら、思い切ってお子さんと一緒に声を掛けてみてください。
掛けられた方も、意外と「どうぞどうぞ」と迎えてくれるものです。

まだ入園したばかりで「自分も子供も友達がいない」と下を向いているあなた!!

そんなときはママが一番の友達になってあげてください。

たとえお子さんと二人だったとしても、決して惨めなんかじゃありません!
ボッチだと思うからこそ気になるだけで、周りはあなたが思っているほど、気になどしていません^^

ボッチが不安なら、お子さんの楽しむままに、ママを預けてみてください。

きっと大丈夫。

楽しい親子遠足になりますように♪♪

入園…新生活のはじまり。 子供はもちろん、笑顔で送り出すママも、期待と不安でいっぱいですよね。 そんなお子さんを心配する...

スポンサーリンク