【バージンロード】父親のいない新婦は誰と歩く?私が歩いた大切な人

そもそもバージンロードは「花嫁の人生」と言われているそうです。

父親と今まで歩んできた人生を共に歩き、その先にいる新郎に、幸せな未来を託してバトンタッチする、そんな意味があるそうです。

ならば、やっぱりバージンロードは父親と歩くのが世間一般でしょうか。

人生一度切りのバージンロード。
しきたり云々ではなく「大切な人と歩く」それが一番大切なことではないでしょうか。

私の場合、父親と離別していますので、母親の兄である伯父と歩きました。

幼い頃から父親代わりとして私を可愛がってくれていた伯父と歩くことは、私の強い希望でもあったからです。

母も私の選択を喜んでくれました。

娘のいない伯父はすこし照れ臭そうでしたが、新郎の元まで『一歩一歩』伯父と歩けたことは、とても幸せでした。

スポンサーリンク

バージンロードは父親と歩くもの?

バージンロードといえば、父親にエスコートしてもらう印象が強いですよね。

とはいえ、死別や離別されていたり、中には実の父親と折り合いが悪く、どうしても一緒に歩きたくないという場合もあるでしょう。

「どんな父親でも父親なのだから」

そんな風に言う方もいるかも知れません。

ですが、本人にしか分からない事情だってありますよね。

今はいろんな形がある結婚式です。

特に誰と歩くかは決まりはないのです。
そこは新婦さんの気持ちの問題なのですね。

誰と歩くかではなく、

誰と歩きたいか。

そこに尽きると思います。

花嫁が「一番歩きたいと思う人」と「歩くこと」が参列者も一番感動するのではないでしょうか。

スポンサーリンク

父親のいない場合のエスコート

父親のいない方が誰とバージンロードを歩いたのか…
知人・友人の例をご紹介したいと思います。

新婦の母親

女手一つで育ててくれた母親にエスコートしてもらうことは、親孝行にもなりますし、お母様にとっても思い出に残るバージンロードになるのではないでしょうか。

私の話になりますが、父親のいない私に、式場の方が一番先に勧められたのは『母親』でした。

ですが、私は結婚する前から「バージンロードは伯父と歩く」と決めていました。
そして母には、式場の入場から席までのエスコートをしてもらいました。

兄弟・親戚

幼い頃父を亡くした友人は、お兄さんにエスコートしてもらっていました

とても仲の良い兄妹でしたので、見ていてとても感動したものです。
また、私のように伯父や祖父と歩かれる方もいます。

新郎

今では新郎にエスコートしてもらい、バージンロードを歩く方も多いですよね。

これから人生を共に歩む新郎と二人そろって歩くのも、素敵です。

また、誰と歩くか迷っている…そんな時は割り切って「新郎と歩けばいい」と私は思います。

大切な人と一緒に…

人生一度きりのバージンロード。

誰と歩いても「幸せになるためのバージンロード」に変りはないはずです。

しきたり云々ではなく
「大切な人と歩く」
それが一番大切なことではないでしょうか。

大切な人と歩く『一歩一歩』に想いが込められてこそ、未来へ向かうバージンロードになるのですから。

素敵なバージンロードになりますように…

スポンサーリンク