コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命 新垣結衣と戸田恵梨香のアドリブ涙に泣ける

出典元:フジテレビ

コード・ブルードクターヘリ緊急救命の第8話のシーンにアドリブがあったことを戸田恵梨香が自身のインスタグラムで明かしたそうです。

戸田は、第8話で放送されたシーンカットを投稿。このシーンは、戸田演じる緋山がなんらかの感染病の疑いで隔離されることとなり、血液検査の結果が出る日の早朝、新垣演じる白石が緋山の病室を訪問したときである。

「このシーンね『やめて』からアドリブだったのだけど」と、放送されたシーンの中でアドリブの演技が組み込まれていたことを明かした戸田。

アドリブとなった場面では、“死”への恐怖や不安と戦う緋山に、白石が涙ながらに素直な気持ちを伝えてきたことで緋山が「やめて」と言い、さらに白石が念を押すように「大丈夫だから」と言葉をかける様子が描かれていた。

exciteニュースより

私、リアルタイムで一度見たのですが、アドリブシーンを見たくて録画していたものを見直しました。

病室で2人のシーンで涙ボロボロ流しながら新垣結衣の「やめて」がようやく出てきたと思ったら、戸田恵梨香にカットが変わりすぐに終わってしまいました。

えー。どこがアドリブだったの?泣いてるところ??

少し期待外れではありましたが、近頃この手の話に弱い41才主婦です(;^_^A

やっぱり同じドラマを見るなら、共演者の仲が良いと言われているドラマを見る方が、視聴者も感情移入できますよね。

スポンサーリンク

2人の共演作品

出典元:フジテレビ

実はコード・ブルー以前にも2人は共演していたんですね。
11年前、2006年日本テレビで放映された藤木直人主演の『ギャルサー』です。

当時私は、チラッと見た程度なので内容はまったく分からないのですが、カウボーイの恰好をしている藤木直人が若い子と何やら絡んでいるドラマでした。

とにかく、『ギャル』がたくさん出ているなぁという印象でした。今は正統派の新垣結衣もギャルメイクで登場していましたよ。

新垣結衣も戸田恵梨香は私の中ではとっても似ていて、それぞれ既にドラマで活躍していた二人を見ても、どちらが出ているのかしばらく区別がつかなかったです(;^_^A

その後コード・ブルーで再共演となる2人。

きっと同じ29才、同じ時期にデビューしていることで親近感もあるのでしょうね。
仲の良い雰囲気はドラマ放映前に出ていた『ホンマでっか』で共演した時も伝わってきました。

「普通に二人して泣いててさ あ~9年って凄いな 仲間って最高だなって改めて思ったよ」

そう自身のインスタグラムでも戸田恵梨香が投稿しているように、そんな二人がやっぱり、本当に、9年前から育んでいた友情があるんだなというのは、見ている側にも伝わる感動があります。

仲間とはチームである

第8話のコード・ブルーのテーマは『仲間』でした。
一人ひとりが違うからこそチームとしてまとまることができる。

みんな違ってみんないいんですよね。

その違う個々がそれぞれの良さを発揮すればチームとして成り立つというわけです。

みんな優秀な必要はない。
足りないものは補えばいい。

どんなに最高のメンバーで作ったチームだって、必ず欠陥はあるわけです。
10のうち無能だと思った2を削っても、残りの8からまた不必要な2は生まれるのです。

と、思います。偉そうなことは言えませんが…(^-^;

スポンサーリンク

緋山先生の恋にも注目

ちなみに個人的には、緋山先生が恋している担当患者だった緒方博嗣が、自分が隔離されている病室に入ろうとした瞬間に「ばかなの!!?」と言い放ったシーンが一番好きでした。

あの2人のシーンはいつも前を向ける気分にさせてくれるので大好きです。

新人フェローの名取先生が緋山先生に淡い恋心を抱いているようですが、過ぎたことは悩まない、起きたことは受け止める緒方さんの懐の広さにはかなわないでしょうね。

これからも緋山先生と緒方さんのシーンがあることを期待しています。

最後に

出典元:フジテレビ

コード・ブルーが始まる前は、新垣結衣と戸田恵梨香の不仲説が取り沙汰されていましたね。
今回この記事を見て喜んでいるコード・ブルーファンもたくさんいるのではないでしょうか^^

来週のコード・ブルーはそんな友情模様にも着目しながら見ていくのも楽しみですね。

[ad#na-1